another face

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Shu

Author:Shu

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--- / -- / --:-- (--)
/
Tennoji5.jpg

繁華街で時折見かけますが、同じ人かどうか不明(^_^;)
彼はあの被災地の様子を見た時、どんな言葉を紡ぎだすのだろうか…

ボキャブラリー貧困な私は、ありきたりの言葉しか浮かんでこない(-_-メ)






スポンサーサイト
街中-03 / 23 / 18:57 (Wed)
コメント (2) / トラックバック (0)
#1

Tennoji1.jpg

久しぶりに天王寺へ出かけてみた…
駅前の変貌ぶりに驚くと共に、すっかり浦島状態の自分を発見(^_^;)



#2

Tennoji2.jpg

交差点を取り囲むようにあった歩道橋も分断され、しばし戸惑ってしまいます(笑)


#3

Tennoji3.jpg

"Minor School"というアマチュアバンドが歩道橋の上で路上ライブ…
「今の僕たちには(被災者のみなさんに対して)何もできない、できることは歌声を届けることだけなんで
 歌います…」と。
このオジサンも何をしていいのか、何ができるのか、と煩悶を繰り返すばかりの1週間でした。
事情が許すのなら、食糧の一つでも担いで運ぶ手伝いをしたいくらいです。
このもどかしさを16年ぶりに痛感する日々です。

あの悲惨な状況下にあっても無邪気な笑顔を絶やさない子供たちの映像を見るたび、
目頭が熱くなります。


#4

Tennoji4.jpg

街には春の訪れを告げるように華やかな色が溢れ始めました。
それと対比するのように脳裏を掠めるのは、あの無彩色で無慈悲な映像の数々…
被災地への春の訪れは先延ばしになってしまったけど、必ず春は巡って来ると
信じたい…

誇り高き日本人の心はまだまだ廃れてはいない! と信じたい。


街中-03 / 20 / 17:01 (Sun)
コメント (4) / トラックバック (0)
#1

0306-梅1

午後からお天気は下り坂と聞いて,久々に重い腰を上げて青空のあるうちに
と家を出たが、大阪城公園に着いた時にはもう曇り空…
にも関わらず梅林は観梅客でごった返していました。



#2

0306-梅2

まだ満開とはいかず、固い蕾を付けた木が多かったです。



#3

0306-梅3

陽がささず、風が冷たかったけど、こうやって今年も梅のが咲くのを
見ると、季節が巡っていくのを肌で感じますね。



#4

0306-梅4

梅を見ると『東風吹かば…』って和歌を思い出しますが、関西地方はもう
一番は吹いたのでしょうか…?
自然-03 / 06 / 23:51 (Sun)
コメント (2) / トラックバック (0)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。